2005年 10月 19日  
週末に菊人形やJICAの協力隊研修所で有名な福島県二本松市の岳温泉に年寄り孝行&修士修了記念を兼ねて家族で行ってきました。

まだ正式な発表は明日以降ですが、メールで学校に問い合わせたところ、論文の成績も教
えてくれたのでほぼ卒業決定です。このまま行けば、学校の図書館にも論文が並ぶグレードだと思われます。

そんな訳で一区切りとして温泉に行きました。特に観光地などはない田舎で旅館も小さな
ところでしたが、女将の細やかな気配りが所々に感じられ、癒されました。

旅館の隅々に生けてある小さな一輪ざし、料理のおしながきにそえられた花、到着すると
いただける足袋(館内は畳なので)。特に嬉しかったのは露天風呂でいただける枡酒!テレビなどで良く温泉でお酒を飲んでいる光景は見ますが、実際に飲んだのは初めてでした。

やっぱり日本ていいわあと改めて実感。そしてホッと一安心の旅でありました。

c0050024_18221140.jpg

[PR]
# by kumakotyan | 2005-10-19 18:20 |
 
 
 
 
2005年 10月 11日  
ハリケーンが落ち着いたと思ったら今度はパキスタンの地震。何だか世界はどうなっちゃってしまってるのかしらと思う今日この頃です。

コースメートだったパキスタンの子にメールをしてみたところ、本人と家族は助かったけれど、彼女のご友人の中に入院をされた方がいるそうです。被害、死者もどんどん増えている、とても言葉ではこの状況は簡単に報告できないとのことでした。

一刻も早い復興を祈るばかりです。

日本だっていつくるかわかりませんものね。
[PR]
# by kumakotyan | 2005-10-11 18:07 |
 
 
 
 
2005年 10月 07日  
なかなかUPする時間がありませんでした。
日本での生活ペースもそろそろ取り戻してきた頃です。

未だに、人にぶつかるとsorryといってしまう癖、食品売り場に行くと目を白黒させてどれもほしくなってしまう癖はなかなかなおりそうもありませんが。。

この前、買物に出かけてこんなシュークリームを見つけました。モロゾフで売っている「おしゃべりケーキ」ていうのなんですが、思わず外見から買ってしまいました。クッキーモンスターみたい!

でもこれ、外見のみならず、味もgoodでした。下がカップケーキでふわふわしているのだけど、下までたっぷりクリームが入っています。クリームはパンプキン、ミルク&チョコ、ラズベリーの三種です。
c0050024_1116318.jpg
興味を持った方はどうぞ。
[PR]
# by kumakotyan | 2005-10-07 11:16 |
 
 
 
 
2005年 09月 29日  
帰ってきました、日本。帰国前のバタバタでメールなどをくださったのに返信できていない方、連絡できなかった方ごめんなさい。追って連絡いたします。

飛行機降り立って、青い空に感動しました。サービスの良さ、美味しい食事、ゆったりできるお風呂、何でもそろっている店!日本最高!

携帯買いました。アドレスはfuruharuにezwebです。(ゼミML登録頼みます)よろしくどうぞ!

とりあえず、荷解きします。
[PR]
# by kumakotyan | 2005-09-29 10:59 |
 
 
 
 
2005年 09月 21日  
あと1週間ほどで、このロンドンともお別れ。

そう思い始めると、色んな景色を感傷的に見てしまう。曇り空一つにしても、寮の窓からバスが通るにしてもほろり。

荷物整理の面倒くささや帰ってから先のこと、東京の時間の流れを思い出すと日本に帰りたくなーいと思ってしまうけれど、やっぱり皆に会えるから帰らなくっちゃね。

また、数年後どこかの国に行きたいなあ。
[PR]
# by kumakotyan | 2005-09-21 10:39 |
 
 
 
 
2005年 09月 16日  
友達がとあるスリランカ人経営のティールームでバイトをしているのですが、先日彼女と昼食を食べた足でティールームへも足を運んだのでした。ティールームは最近郊外に行かなければ、なかなかめぐり合えないので、このお店はロンドンでは貴重な存在で、時々ロイヤルファミリーのとある方もいらっしゃるとか。

私たちが到着した時にはちょうど閉店間際だったので、お客さんも少なくオーナーとも少し会話ができました。彼は毎朝、スコーンとパンを自分で焼いているのですが、一日の終わりにそれがあまると、
"I have to be honest to customers!"
といって、焼いたものを全部捨てているのだそうです。

そんな訳で、閉店間際に行けばおこぼれがもらえるというのがお決まりになっていて10個近くもいただいてしまいました。さらに、大きなブレッドもいただいてしまいました。なかなか、こんな美味しい手作りスコーンには出会えないので、カロリーは気になるけれどクロテッドクリームを買って早速いただこうと思います。

でも、そのオーナーのおいしいものを出そうというこだわりがお客さんを呼ぶのでしょうね。
[PR]
# by kumakotyan | 2005-09-16 10:49 |
 
 
 
 
2005年 09月 13日  
まだこの映画を観ていません!!なかなか観たいと思いつつ、引き上げの準備、お土産さがし、友達と会ったりで行く時間がありません。でも大好きなジョニーデップが出ているし、周りで既に観てきた人たちには評判がいいのでそのうちに行こうと思っています。

で、今私の中のチャーリーブームで流行っているものが、Roald Dahlが書いた原作本と、スーパーやNews Agentで良く売っているWonka Chocolate barとchocolate dropsです。

原作は2冊に分かれていて(1冊にまとめられているものもありますが)只今1冊目を読んでいます。Roald Dahlの作品といえば、小学生の時に日本語訳で読んではまりにはまった「マチルダ」の印象が私の中では強いのですが、英語で読むと彼の作品てこんなに面白いんだとまた再発見できて只今童心に帰って毎晩読みふけっています。一人でかなりのめりこんでしまっていて、時折笑いも欠かせないので、これはとても電車では読めない気がします。

そして、夜に読むには大変に危険です。例えばこんな会話。

"Did you know that he(天才チョコレート工場長Mr.Wonkaのこと) has himself invented more than two hundred new kinds of chocolate bars, each with a different centre, each far sweeter and creamier and more delicious than anything the other chocolate factories can make!!"

こういうチョコレートの描写が続くので、思わずチョコレートに手が出てしまいそう。どうせなら、Wonkaチョコを試そう!ということで、試してみました。結構見かけは普通のチョコレートバーですが、クリーミーで小細工がきいていてはまりそうです。原作と同じように、golden tickets to a USA chocolate factory!も5名さまに当たるようです。

夜中の読書とチョコレート。どちらもお肌に悪そうですが、それでも楽しみたいわという方は是非join me!それにしても、ハリウッド映画は原作が英国物でも次々ヒットさせてしまうんだから恐ろしい!
[PR]
# by kumakotyan | 2005-09-13 10:57 |
 
 
 
 
2005年 09月 09日  
先日、久々に洋服のお買物をしました。友達の結婚式に着ていくものがなかなか見つからなかったのですが、ようやくキラキラのはおりものを見つけました。キャッシャーに持っていくとお兄さんが、
「いいの見つけたね!これはすごくいいよ!」
ジェスチャーつきで褒めてくれました。お返しに
「あなたのTシャツもいいよ」
とほめてみました。だって、お兄さんたら濃いお顔をしながら(ブラジル人)「へのへのもへじ」のお顔が描かれたTシャツをお召しになっているんですもの。
「これ?いいでしょ?すごいお気に入りなんだ。日本の子どもが小さい時に遊んで描くんだってね。いいないいな。」と満面の笑顔。。

「どこで買ったの?」と聞くと
「セルフリッジ(デパート)の2階だよ。もっとこういうのいっぱい欲しいんだよね。東京に買いにいこうかな!!」ですって。

更に、同じ日に「寿司棒」と書かれたロゴポロシャツをお召しのお兄様も見かけました。
「す、すしぼう?」
と思ったら下にローマ字で
「TOKYO SUSHI BAR」
と書かれていました。うーーーーーーーん。

でも、結構皆さん漢字や平仮名がお好きなようなので、外人向けの日本語ロゴTショップを作ったら流行るのではないかと思います。新しいビジネスをお考えの方どうぞ!
[PR]
# by kumakotyan | 2005-09-09 04:09 |
 
 
 
 
2005年 09月 08日  
かなり前からじわじわとイギリス人の間で流行っているものがこれ。最初これは何語?何のこと?と思っていたら日本語の数独のことでした。数理パズルで、タテヨコ10マスそれぞれの列に1から9までの数字を埋めていく。「数字は独身に限る」の略だそうです。

本屋さんに行けばベストセラーだし、新聞に連載されているのでそこだけ切り抜いて持ち歩くサラリーマンの姿も見かける。カフェに行けば本が置き忘れてあるし、今日の新聞のおまけはSUDOKUのCD-ROMという具合。

私も初級編にトライしてみたけれど、最近頭を使いたくないので5分であきらめました。それにしても、イギリス人もこういうじとーっとしたものにはまるんですね。
[PR]
# by kumakotyan | 2005-09-08 06:13 |
 
 
 
 
2005年 09月 07日  
本日お買物途中にスタバに入ってみると、レジのところにジャズCDがありました。いつもはレジ脇のCDをじっくり見ることはないのですが、Herbie Hancockという文字が目に飛び込んできたので思わず手にとってしまいました。良く見ると、HerbieがAnnie Lennox、Sting、Santana、Paul Simon、Christina Aguilera、Joss Stoneなどの豪華メンバーとのコラボで作ったということでつい買ってしまいました。イギリス贔屓としては、StingやAnnie、Joss Stoneというだけでも欲しくなってしまいます。あまり買う人がいないようで、店員のお姉さんにすごく力のこもったThank youを言われてしまいました。

まだ良く聴いてないですが、夜やコーヒーを飲みながらのくつろぎタイムに良さそうです。

日本のスタバでもどうやら1800円で販売されているようですので、興味のある方はどうぞ。すっかり、スタバの商業戦略にのってしまいました。

c0050024_028495.jpg

[PR]
# by kumakotyan | 2005-09-07 00:21 |
 
 
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon